ホーム> ボスニア・ヘルツェゴビナ>ミラレム・ピャニッチ

ミラレム・ピャニッチ
Miralem Pjanić

No Image

プロフィール

日本語名 ミラレム・ピャニッチ
現地語表記 Miralem Pjanić
出身地 トゥズラ/Tuzla-ユーゴスラビア/Yugoslavia
国籍 ボスニア・ヘルツェゴビナ
ルクセンブルク
生年月日 (年齢) 1990/04/02 (29歳)
身長 / 体重 180cm / 68kg
リンク  

MF

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
利き足右足

[PR]

コメント

正確な判断力をベースにした抜群の攻撃センスを誇る、「ボスニアの司令塔」。

プロデビュー当初は、素早い動きと切れ味あるドリブルを武器とするシャドーストライカー型であり、やや軽さが感じられるプレーもあったが、周囲を活かすためのドリブル、テクニック、パスセンスが伸び、前線でキープしながら攻撃のタクトを振るスタイルへモデルチェンジした。

メスに所属していた頃、様々なトップチームから視線を送られていたが、メスが家族の住むルクセンブルクに近いということで移籍を拒否。しかし、そのメスが2部へ降格したこともあり、2008年6月にリヨンとの5年契約にサイン。800万ユーロの置き土産をクラブに渡して新転地へと飛び立った。新チームで迎えた08/09シーズンのリーグ開幕戦では先発フル出場。09/10シーズンはチャンピオンズリーグでも存在感を発揮し大きく名前を売った。

次年度はグルキュフの加入によりレギュラーを追われ、同時起用も試されたがフィットできずに苦しんだ。しかしグルキュフの負傷により一人で出場した試合では好調を見せており、監督の頭を悩ませている。

ローマへ加入してからは圧倒的なドリブルのスキルを生かした相手をいなす技術、イマジネーション豊かなパスなど素晴らしいサッカーセンスが攻撃的なチームのスタイルとマッチし、欠かすことのできない存在となる。加えて正確なミドルシュートやプレースキックからスーパーゴールも数多くマークし、トッティ不在時にもピャニッチがいれば、攻撃のクオリティは一定のレベルをキープできるように変化したと言える。

かつてはルクセンブルクU-19代表でもプレーしていたが、後にボスニアU-21代表を選択した経緯がある。

所属履歴

シーズン 国 ディビジョン チーム名 リーグ プレーオフ 備考
出場 先発(途中) 得点 出場 先発(途中) 得点
2008/09 1 リヨン 20 5(15) 0
2009/10 1 リヨン 37 27(10) 6
2010/11 1 リヨン 30 16(14) 3
2011/11(08/31) 1 リヨン 3 1(2) 1
2011(08/31)/12 1 ローマ 30 29(1) 3
2012/13 1 ローマ 27 20(7) 3
2013/14 1 ローマ 35 32(3) 6
2014/15 1 ローマ 34 28(6) 5
2015/16 1 ローマ 33 30(3) 10

動画

関連ニュース